Dragon X は

ニュートレジャー対策に抜群の成果 

 

 

 

 

ニュートレジャーは私立中高一貫校用に作られた教科書で一般的な教科書と比べて高い難易度を誇ります。

 

結果、多くの生徒を英語難民にしてしまう教材としても有名です。

 

                 

 

 Dragon X 「デジタル演習」システムはニュートレジャー、文科省準拠テキスト他、あらゆる教科書に対応可能で

 

そのような「英語難民生徒」を数多く救ってきました。

 



 

 ✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒

 

 

 

 

 

Dragon X の最大の特徴は「学習の虫食い」を自動で修復、0~英語を確実に身に付けさせることです。

 

学校の英語をはじめ、英検対策、大学受験に向かう生徒達を強力にアシストする強い味方です。

 

                  
 

 

Dragon X に搭載された家庭学習の新方式 Tele Study「自宅通塾」は

 

家庭学習の問題点といわれる「学習定着率・継続率」を大幅に改善、ご家庭から大きな支持を得ています。

 


               

ニュートレジャーや難易度の高い教科書で

お悩みの私立中・高の生徒さんへ

 

 

米国では誰も『ニュートレジャー』を使ってはいません。でも、皆、英語ができます。

 

英語は英語、『ニュートレジャー』などの難しい教科書を使わなくても誰でも英語なんかできるようになります。

 

 

 

Dragon X は「紙テキスト」をIT化したDX 仕様の先進「デジタル演習」システム。

 

苦手な英語も Dragon X を使えば楽しく学習を続けることができます。

 

       Dragon X 「自宅で通塾」コースの 学習時間

 

Dragon X の特徴・・・ 時間コントロール「Tele Study」を搭載した「デジタル演習」sys.

 

 

塾では新入塾生には

■ 学期中に入塾した場合でも日曜などを利用して出来るだけ学校に追いつくように補習。

「春期講習」や「夏期講習」で出来るだけ学校の授業に追いつくように補習。

 

 このような学習プランをたててできるだけ早く学校の授業に追いつくようにしていきます。

 当塾も例外ではありません。

 

 

   ✒✒✒ ✒✒✒ ✒✒✒ ✒✒✒ ✒✒✒

 

 

しかし、Dragon X 「自宅で通塾」コースの場合は、途中入塾でも上記の形式は取りません。

 

学習する「曜日」「時間」を 毎週2時間×2回 決めて学習していきます。

⇒ 理由:Dragon X は高速で学習できるため(生徒に多少の時間差はあっても)いずれ追いつくからです。時間決め学習は「学習継続率」が劇的に向上します。

 

 

出来るだけ早く追いつきたい生徒は回数/週を3回に増やします。

⇒ 追いついたら2回に減らします。

 

 

春期や夏期を利用して講習として「追いつきたい生徒」はその旨申し出てください。

⇒ 学期が始まったら「週3回 or 週2回」コースに変更します。

 次の講習時にまた集中補習をします。

 

           -----------------------------------

 

 生徒は部活などもあり、「過度な学習」は学校生活に支障をきたします。

  ▼

2時間×2回/週ぐらいを推奨します。勿論、希望により3回/週も可能です。